脇 臭い 制汗剤

汗シミも気になるけど脇の臭いも気になる

 

夏場は汗がたくさん出るので制汗剤を使って脇の汗のケアをしている人が多いと思います。

 

それでも脇に汗をかいてしまって、汗シミができてしまったり、脇からニオイがしてくることもちらほらとあって困ってはいませんか?

 

実はこのように制汗剤の効果の持ちが悪くて悩んでいる人は多いのです。

 

制汗剤でニオイも一緒にケアしたい!そんな人にぴったりの制汗剤があります。

 

脇汗と脇の臭いのケアにおすすめの制汗剤

 

脇汗と脇の臭いにおすすめの制汗剤はデトランスαです。

 

デトランスαの特徴はその制汗力と持続力にあります。

 

なんでデトランスαは制汗剤でも臭いがしなくなるの?

 

脇にはアポクリン腺という水分以外に脂質やタンパク質を分泌する汗腺があります。雑菌は繁殖する際に皮脂や垢、汗を分解します。

 

雑菌によって皮脂や汗、垢が分解されると脂肪酸やアルデヒド、硫化物など人にとって悪臭が発生するのです。
根本的に臭いを改善したいと思っている場合は雑菌の繁殖を抑えることが大切です。単純に言えば雑菌の繁殖を抑えることができればニオイが気にならなくなります。

 

ニオイは雑菌と水分があって初めて繁殖することができます。デトランスαは脇にある汗腺をふさぐので汗が出てこない。つまり脇の気になるニオイがしなくなります。

 

デトランスαを塗って汗腺にフタをした後代謝で排出される3〜7日の間、制汗作用は持続してくれます。

 

もし脇汗がひどくて汗シミを作りたくない。汗臭くなりたくないという人は一度デトランスαを試してみてはどうでしょうか。

 

夏は汗っかきで脇からだらだらと汗が流れてしまうし、冬になったらジャケットやニットの重ね着をして汗をかきやすく脱いだ時に脇汗や脇の臭いが気になってしまいます。脇の臭いや体臭というのはは汗をかいた後に発生します。汗をかくと皮膚の表面にいる常時菌が繁殖するとにおいが発生します。アセと皮脂や角質をエサとして菌が繁殖してニオイ出すのです。特に脇から気になる臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因です。この汗には皮脂や皮脂やタンパク質など菌の繁殖するためのエサをたくさん含んでいるのです。汗のケアができるかは脇から臭いがするかどうかの境目なのです。脇の臭いをしっかりと消すことができる制汗剤はデトランスαがおススメです。デトランスαは塗ると角質が汗腺をふさいでくれるので汗がまったくでなくなるのです。そのまま角質は代謝とともに3〜5日程度で排出されます。一度塗ったらしばらく汗が出なくなるのでケアにかかる頻度は少なくて済みますし、しっかり脇の臭いのケアにもなります。